石粉粘土作品 / STONE CLAY ORNAMENTS


フィギュアの造形などでよく使われる石粉(石塑)粘土を用いた作品。シャチに関しては実際に見た野生の個体をモデルにしていることが多いです。塗装はアクリル塗料をエアブラシで、細かいところは筆塗りも。表面の仕上げはツヤ有り・ツヤ消し・半ツヤなどいろいろ。

 

These stone clay figures are based on the real whales I have met in their natural habitats. The painting material is acrylic color with glossy, mat or sometimes half-glossy finish.


シャチの壁掛け Orca Wall Display

木製壁掛けに石粉粘土で作ったシャチを取り付けたもの。サイズは20cm弱。シャチは裏面もきちんと彩色しています。2017年10月制作。

An orca figure glued on wooden display board, about 20cm long. October 2017.


シャチ Orca

粘土1パックを使って作る通常のシャチフィギュアより二回り以上大きなシャチフィギュア。アラスカのレジデント・トランジエントがモデルです。2017年10月制作。

 

The orca figures which are way bigger than regular ones. One is resident and the other is transient in Alaskan waters. October 2017.


シロナガスクジラ Blue whale

これまでで最大の粘土作品。以前作ったシロナガスクジラよりもさらに大型で存在感があります。2017年10月制作。

 

The largest blue whale clay figure that I have ever made. October 2017.


ホッキョククジラ・ミナミセミクジラ・シャチ・カマイルカ・イシイルカ Bowhead Whale, Southern Right Whale, Killer Whale, Pacific White-sided Dolphin and Dall's Porpoise

ホッキョククジラ・ミナミセミクジラ・カマイルカは初制作。どれも白黒の塗り分けとグラデーションが難関でしたがまずまずの仕上がりに。2015年4月制作。


It was the first time for me to make bowhead whale, southern right whale and pacific white-sided dolphin. Painting these black and white patterns surely has not been easy, but fun too. April 2015.


シャチ(アルビノ) Albino Killer Whale

カムチャツカ沖で観察された白いオスシャチ、アイスバーグ。いつか出会えるといいな。2014年8月制作。


The albino orca nicknamed ICEBERG, found in Kamchatka, Russia. It's my dream to see him in the wild someday. August 2014.


シロナガスクジラ Blue Whale

地球史上最大の生物、シロナガスクジラ。全体のバランスが意外と難しく、過去に空から撮った写真がずいぶん役立ちました。2014年8月制作。

 

The blue whale, the largest animal ever existed on earth. One of the biggest clay work that I have ever made as well. August 2014.


シャチ Killer Whale

約20cm、ツヤ有り仕上げ。下のマッコウクジラと同時に作った作品。お世話になっている知床のウォッチング船へのプレゼント。ちょっと頭でっかち&胴短かでバランスがアレですが、シャチの雰囲気は出てるかなあと。2014年5月制作。

 

A gift to a whale watching company in Hokkaido, where I have been to several times to watch killer whales. With tall dorsal fin and huge pec fippers, a bull orca is truly a majestic icon of the wild nature there. June 2014.


マッコウクジラ Sperm Whale

約25cm、ツヤ有り仕上げ。使用した粘土はダ●ソーの100円石粉粘土。100円ショップの粘土のクオリティがどんなものか未知数でしたが、感想 としては値段の割にはまあまあ使えるなあといったところ。細かい部分の切削性なんかはやっぱり普通の粘土には劣りますが、遊びで作る分には十分な気がしま す。ちなみにこれはお世話になった南紀のウォッチング会社さんへのプレゼント。サンドペーパーがけとニス塗りをきちんとすれば、原価約100円の物には見 えません。2014年5月制作。

 

A miniature of sperm whales, which is a gift for a whale watching company I visited before. It might not look like the one made with 1-dollar clay material. May 2014.


シャチ(南極タイプA) Type A Orca in the Antarctic Ocean

約22cm、ツヤ消し仕上げ。モデルは南極海で観察される通称「タイプA」というグループのシャチ。南極のシャチは変わり種が多いですが、タイプAは良く知られたカナダやアラスカのシャチに近い、いわゆる「シャチらしいシャチ」な気がします。でも観察例ではもっぱらミンククジラがお好みとか。この個体はまっすぐ上に伸びたシャープな背ビレがこだわりポイントです。ほんとに大きな個体ならこの部分だけで人間の背より高いっていうのが改めてスゴイなあと思います。2012年9月制作。

 

About 22cm, mat finish. The motif comes from orcas called "Type A" found mainly around the Antarctic. The appearance looks similar to those of orcas in the Northeast Pacific, although Type A is considered to be marine mammal eater. This individual features on the sharp dorsal fin, which is higer than human height if it is a mature male, it's amazing! September, 2012.


ブリーチするシャチ(3作目) Breaching Orca Ver.3

約22cm、ツヤ消し仕上げ。こちらも下の親子シャチと同時にリクエスト頂いたオスシャチ。根室海峡で観察例が多い「SNS-OO016」という識別番号の個体がモデルです。同じグループの個体と写真で見比べると、確かに鋭角的な背ビレがカッコいいオスです。2012年9月制作。

 

About 22cm with mat finish. Its shape is based on an actual male orca with ID number of  "SNS-OO016", often found around Nemuro Strait, Hokkaido. September, 2012.


親子シャチ(2作目) Orca Mother and Her Calf

親シャチ約22cm、子シャチ約10cm。ツヤ消し仕上げ。リクエストにより制作。北海道知床で観察されるグループの個体がモデルです。生まれたばかりの赤ちゃんシャチを、とのご要望だったので子シャチの白い部分はややオレンジ色に仕上げています(それにしては体全体が少し大きすぎた気もしますが・・・すみません)。2012年9月制作。

 

The mother is about 22cm and the calf is 10cm, with mat finish. It's a custom-made model and the motif comes from the actual individuals found off the coast of Shiretoko Peninsula, Hokkaido. White parts of the calf is rather orange, showing that he is just a few months old. September, 2012.


ブリーチするシャチ(2作目) Breaching Orca Ver.2

約25cm、ツヤ消し仕上げ。下に掲載しているA38とそっくりですが、顔つきや背ビレの形は微妙に変えています。昔カナダのジョンストン海峡で初めてシャチを見た時、めっちゃ立派な胸ビレの巨大なオスシャチが全身を水面に出すブリーチシーンに遭遇。今でも目に焼き付いているその光景をイメージして作りました。2012年7月製作。

 

About 25cm, mat finish. Similar to the one below, but parts like face and dorsal fin silghtly differ. The motif comes from the memory of my first visit to Johnston Strait in Canada, where I got luck to see a huge male orca breach with its whole body clearly out of water. July, 2012.


親子シャチ Orca Mother and Her Calf

親シャチ約25cm、子シャチ約10cm、ツヤ消し仕上げ。シャチのフィギュアというとどうしても迫力のあるオスを作りがちですが、やっぱりシャチファミリーの根幹はママシャチでしょう。モデルはアラスカの魚食型シャチのポッド。2012年5月製作。

 

The mother is about 25cm and the calf 10cm, with mat finish. Although I tend to choose male orca as a motif, it would be also nice to make figures like this one, a mother and her calf, which I believe is the essence of an orca family. May, 2012.


ブリーチするシャチ Breaching Orca

約25cm、ツヤ消し仕上げ。シャチウォッチングのハイライト、ブリーチを再現してみました。モデルはジョンストン海峡に棲む「北のレジデント」に属するA-38というオスシャチ、愛称「ブラックニー」です。2012年5月製作。

 

About 25cm, mat finish. Watching orca breaching is definitely one of the dreams of all whale watchers. The model is A-38, "Blackney", a member of Northern Resident pods in Johnston Strait. May, 2012.


シャチ(亜南極タイプD) Type D Orca in Subantarctic Region

約25cm、ツヤ消し仕上げ。見慣れたシャチと違って、出っ張ったオデコと極端に小さいアイパッチ、やや後方にカーブした背ビレが特徴、だそうです。観察された記録がとても少ないので、まだまだ謎の多いシャチです。この作品はちょっと頭が大きくなりすぎたのが反省点。2012年5月製作。

 

About 25cm, mat finish. Unlike "common" orcas, subantarctic Type D orcas have bulbous forehead, very small eyepatch and dorsal fin swept backward. As there is few sighting records, so we do not know much about them. This figure has a little too large head, which should be improved next time. May, 2012.


シャチ(アラスカのトランジエント)Transient Orcas in Alaska

半ツヤ仕上げ、約25cm。左がオス、右がメス。木製の台座を付けたディスプレイタイプにしてみました。背ビレやサドルパッチの形は数年前に見た「ATポッド」というグループの2頭(たぶん母子)を参考にしています。2012年2月製作。

 

About 25cm, half-mat finish. The shape of dorsal fins and saddle patches are based on a mother orca and her son from "AT pod", a unique pod of transient orcas in Alaska. February, 2012.


大人シャチと子シャチ Adult Orca and Calf

半ツヤ仕上げ、約25cm(子シャチ約15cm)。

思い出せないほど前に作ったフィギュア。当時はエアブラシなんて持っていなかったので全て筆塗りで仕上げています。今見るとダメ出しポイント満載ですが、思い出の作品なので手元に置いています。子シャチはあまり作ることがないので、貴重な一体です。

 

Works from the very early stage of my figure making. At that time I did not have air-brush, so the coloring was done totally by hand painting. Although their quality does not match the one of figures which I make now, they are still the precious memorial works for me.


アラスカのレジデント Resident Orca in Alaska

ツヤ消し仕上げ。約20cm。

それなりに歳を重ねた個体だったようで、背ビレの後端がウネウネしていました。写真では見えませんが、本物のシャチの体についている細かい擦り傷等も表現してみました。サドルパッチ(背ビレ後ろのグレーの部分)は頭側は境界くっきり、尾びれ側はわりと緩やかなグラデーション。こんなところもこだわりです。

2011年10月製作。

 

Mat finish, about 20cm long. 

The tall, ruffuled dorsal fin shows that it is an older male. Though not shown in the photo, it has many scars on its body, as a real orca does. October, 2011


スパイホップ Spyhop

ツヤ消し仕上げ。約10cm。水面から顔を上げる行動「スパイホップ」を再現。これが見られるとウォッチング船上は歓声とシャッター音の嵐。チョイ顔出しで終わるか、胸ビレ全部が水面に出るほど伸びあがるかはシャチの気分次第。大人のオスは胸ビレの大きさに驚きます。2011年10月制作。

 

Mat finish, about 10cm tall. Left: male / Right: female

Watching an spyhopping orca is one of the greatest moments for whale watchers and photographers. In Spyhopping, adult males sometimes show their huge pectoral fins. October, 2011.


コククジラ Grey Whale

アメリカ太平洋岸のホエールウォッチングでおなじみ、コククジラ。かなり昔の作品ですが、ポイントはこのクジラ特有の大きめの胸ビレ、体のまだら模様、顔 のフジツボ感など。日本ではややなじみが薄いかもしれないですが、独特の見た目といい、フレンドリーな習性といい、非常に魅力的なクジラだと思います。

 

Very popular in the whale watching in the Pacific coast of North America, while not so common in Japan. Note the relatively large pectral fin, mottled body color and lots of parastic creatures around the head, which is the main features of this unique whale.